2013年6月26日水曜日

6/23 豪華! 森づくりフォーラム

森づくりフォーラム
「茶道文化を支える森づくりと地域活性化」

たくさんのご参加ありがとうございました。

基調講演していただいた県立大学名誉教授の 服部先生を始め、今の「里山」を語る豪華キャストが一同に揃った講演会はそうはありません。
個人、学会、県民局、企業、団体そして輸送機関とバラエティ豊かな顔ぶれで、ディスカッションも行われました。


まだまだ「北摂里山博物館構想」が認知されていないことも実感しました。

今週末には「北摂里山大学」も開講します。

その様子もここで発信していきたいと思います。







フォーラム講演
阪神北県民局 里山・環境 飯野課長
川西市黒川地区自治会長(菊炭生産家) 今西 さん
NPO法人ひょうご森の倶楽部 福田会長 
能勢電鉄(株)鉄道事業部 信田部長
(株)チュチュアンナ 梶原常務取締役

-------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
--------------------------------------------------------------------




2013年6月19日水曜日

48 46 47 30 2 !!!



数字には想いがあります。

48 ・・・・ 某国民的アイドル 社長名から取ったとも言われる
46 ・・・・ 某国民的アイドルの公式ライバル 48より少なくても追い抜かせるという意気込みらしい
47  ・・・・ 某国民的朝ドラで設定されてるアイドルグループ 47とは都道府県の数
30 ・・・・ 北摂里山博物館構想で設定されたフィールド数

というわけで本題は 「北摂里山ポスター写真コンクール」 の発表です!
あなたが「北摂里山フィールド30」で撮影した写真がポスターにっ!ていうものです。


http://hitosato.jp/satoyama/

そして 最後は 2 !
北摂里山ガイドブック「hitosato」の第2号が発刊されました。


サポーターズ会員の方には順次郵送させていただきます。
会員以外の方はメールでお問合せ下さい。

 -------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
--------------------------------------------------------------------

2013年6月12日水曜日

長い1日(後編) 黒川〜一庫〜青野ダム(こども探検隊)

午後8時の青野ダム。
漆黒の夜空かと思いきや「山ぎわすこしあかりて・・」でした。

ここからちょっと時間を戻します。


ここに来る途中、「人と自然の博物館」に寄ってきました。
ここでは23日(日)に森づくりフォーラム、29日(土)には北摂里山大学が開催されます。



三田フラワータウン駅にある「人と自然の博物館」は正式名「兵庫県立人と自然の博物館」
そして『ひとはく』として親しまれています。
昨年は20周年を迎えました。

フォーラムや大学は大人向けですが、ここは子供たちから大人まで楽しめる施設となっています。ぜひここも探険(?)してみて下さい。


こんな巨大昆虫もいるんです。



さて青野ダムに戻りましょう。

この写真は「ほたる」ですと言いたいところですが
先ほど置いた危険場所をマークしたサイリュウムの軌跡です。

わたしのカメラの性能では「ほたる」を撮ることはできませんでした。

この日はそう多くのほたるは飛んでくれませんでしたが足立先生の渾身のレクチャーに、参加された方は熱心に耳を傾けていました。


--------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/

--------------------------------------------------------------------

2013年6月9日日曜日

長い1日(前編) 黒川〜一庫〜青野ダム(こども探検隊)

6月8日(土)

「黒川のケーブル駅」 里山大学の下見に来ています。
この日はケーブルに乗れませんでした。残念。
天然芝サッカー場のある国崎クリーンセンター 第3回のこども探検隊会場です。
一庫公園。 
そう、黒川・国崎・一庫は近いんです。
水遊びに来ているこども連れがたくさんいました。
そして今日のメインイベント。
青野ダム(三田)のほたる観察会会場へ
第1回に引き続き足立先生が講師です。まずは、ほたるの生態の説明から。
三田市の青野ダム記念館にて
場所をかえてダム管理所前へ
ダムの説明や見学上の注意を受けます
その間にスタッフは観察場所をチェック
あぶない場所をマーキングしていきます
黄色い棒は暗闇で光るサイリュウムです
(今日の日産スタジアムでも振られています・・ん)

明るいうちにみんなで観察場所の下見です
この小川がほたるを育てるのです

ダムの下には水族館ならぬ川底館がありました。
ガラス越しに川の中の生態系を見ることができます。
この後、夕食タイムです。
空が暗くなってきた頃に再集合。さあ、ほたるを見に行くぞー

続くっ・・・・


--------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/

--------------------------------------------------------------------

2013年6月7日金曜日

ホーム


いよいよ明日は某国民的アイドルの総選挙。。。
あ、モトい 
青野ダム(三田)のほたる観察会です。

とわ言え、総選挙。センターが誰になるのかよりも
人気がここまで続いていることがスゴいです。

もう人気のピークは過ぎた、過ぎた、と言われ続け
あまり良く思っていない人も多いこのグループですが
売り方はどうあれ、この場に及んで今回のCDは
200万枚に達する勢い。

それでもコアなファンは「人気がなくなること」を望んでいます。
なぜなら、劇場で観たいから。

このグループが秋葉原の劇場でほぼ毎日公演をやっていること、
持ち歌が200曲以上あることは意外と知られていません。
毎日やってるにもかかわらず、この公演もなかなかチケットが
取れないのです。

このグループのメンバーは口を揃えて言います。
「劇場」が、「公演」がある限り、自分たちは不滅なんだと。
ここが自分たちの活動の拠点なのだと。

メディアを拒否しない。取り上げてくれる間は媚も売る。そしてメディアから見放されても全然平気。なぜなら自分たちにはホームのステージがあるから。

劇場はホームであり、メンバーにとってもファンにとってもこここそが原点。
それがこれまでのアイドルと大きく違う点なのです。

里山もホームです。
里山を保全活動する団体があることはあまり知られていません。
兵庫北摂には里山がたくさんあることはほとんど知られていません。
そして里山は日本人の心の原点なのです。

ひと、さと、ずっと のホームページでは里山で活動している環境団体を紹介しています
http://hitosato.jp/link/

総選挙のライブはおあずけ。次は「ほたる観察会」のライブレポートです。

--------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/

--------------------------------------------------------------------


2013年6月5日水曜日

うれしい日っ!

6月4日 黒川・桜の森近くに「バイオトイレ」が設置され、お披露目式が行われました。

「バイオトイレ」について、詳しくはググっていただくとして、
単にエコなだけでなく
ここで活動される人、ここを訪れる人にとって
たいへんうれしい施設です。

トイレの管理は菊炭友の会さんがされるということで覚え書きの授与も行われました。

「こどもたちがここで野外活動をする時にトイレの心配をしなくてよいというのはプログラムを組むにもたいへんありがたいこと」と喜ばれていました。

そういえばここの来る途中に「トライやるウイーク」で農作業をしているこども達を見かけました。
この地区は駐車場の整備も進められており、
黒川はうれしいニュースが続きます。

うれしいといえばワールドカップ出場決定!!
そして手前味噌ですが「北摂里山博物館のホームページ」もこの日リニューアル!
http://hitosato.jp/ 





2013年6月2日日曜日

ルールを変えるということ


レスリングのルールが改正されようとしています。
オリンピック競技としての生き残りをかけてです。
野球・ソフトも大胆なルール変更が検討されています。
オリンピックのためにルールを変更してしまうのはどう
なのか?なんですが、
これまでもたくさんの競技がルール変更されてきているのです。

時には一国が強すぎるので、足かせをすることが目的のルール変更も
ありました。
TVの中継枠に収める為の変更もありました。

伝統の競技であっても伝統を守り続ける為には、
イコール、競技人口を維持していく為には
注目され続けなければならないのです。
たとえそれが競技の根源を曖昧にしてしまうようなルール改正で
あったとしても。
もはやオリンピックはスポーツの祭典ではなくゲームの祭典なのです

自然を守るという行為も場面によって解釈が変わって来ています。
「自然のままに手をつけない」というルールから
「自然をある程度コントロール」するというルールに。
果たしてそれが地球という惑星的にいいのかどうかは別として。

そして忘れ去られない為に「里山」という概念も生まれました。
注目を引きつける為に生まれた言葉は「ミュージアム」です。

惑星、
忘れ去られること、
忘却
英語で言うとoblivion(オブリビオン)
というわけで オブリビオン 観てきました。
(そうなの、そっちなの?)

あ、一応、欧米人が描く里山のシーンもあります。

--------------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/

--------------------------------------------------------------------