2016年5月29日日曜日

5月28日(土) 北摂里山大学 第2回黒川・妙見へ

北摂里山大学 第2回は日本を代表する里山、黒川・妙見の視察ハイキングです。

連日の季節外れの猛暑
この日は冷凍パウチドリンクを用意したのですが
黒川の朝はヒンヤリとして曇り空・・・
それでも日中は暑くなるよね?
今日は1日、石田先生よろしくお願いします!
まずは吉川八幡へ
なんか雰囲気ありますね
そう言えば去年は階段の上がり方で
参拝者に注意されました
八幡神社では鎮守の森や原生林について
神は社ではなく森に宿る・・
というのが日本人の自然観です
神社を抜けて台場クヌギの場所へ
台場はなぜ台場になったのか
あなたな何説?
そしてケーブル黒川駅へ
ケーブル・リフトを乗り継いで一気に妙見山山頂へ
アジサイはまだですね
能勢電の信田さんの案内で天然記念物のブナ林へ
妙見のブナ林はただのブナ林ではありません。
先週行われたこちらのレポートもどうぞ
妙見の森広場まで降りてきて
ここから川西里山クラブの辻本さんにバトンタッチ
エドヒガンの小径を歩いていきます
畦野物語の舞台、「出会いの妙桜」へ
紙芝居の妙桜はブナ林の方が似てますね(笑)
植樹の場所へ
保全活動の苦労話なども
みんな結構ヘトヘトです。カンカン照りの暑さはないものの
時折の雨と蒸し蒸しで体力を奪われていくようです
朝一、配った氷の重さが恨まれるかな(^_^;)
川西里山クラブさんの小屋庭でお昼です
なんと熱々のピザを振る舞っていただきました
しかも1人1枚も! 持ってきたお弁当たべれないよう。。という悲鳴?が
「持って行きなはれ(笑)」
お土産にとアルミバッグにピザを入れてもらった人も
ありがとう!川西里山クラブのみなさん(^^)/
おいしいピザで元気になったみんなは山を下りて
ヤギが迎える?今西さんの家へ 
黒川で家業として唯一、炭を焼かれているお宅です
そう「菊炭」の伝統を今も守り続けておられるのです
そして同じく「菊炭」を作られている菊炭友の会さんへ
雨粒が時より大きくなってきました
「黒川桜の森」は里山の要素がすべてそろった場所かもしれません
炭焼き、クヌギ、エドヒガン・・・
そのすべてを再生し、守ってこられました
その象徴「微笑み桜」
百聞は一見にしかず
黒川・妙見は日本の里山が今もなお息づく地域
「日本一」という言葉がふさわしくないとすれば
「世界に誇れる」里山なのです
石田先生、信田監査役、辻本さん、川西里山クラブさん、今西さん
大門さん、菊炭友の会さん たいへんありがとうございました。
そしてみんなのために氷を運び、傘やカッパを用意してくださった黒川の水口さん
すべての方に感謝いたします。

次回は第3回、「北摂里山は日本人のこころ」 岩槻教授の登場です!

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------

2016年5月28日土曜日

スナップ!フォトリレーとDIGのコラボ企画誕生!

スナップ!フォトリレーとDIGのコラボ企画誕生!

▲クリックで記事へ! 昆陽池公園で蝶990羽に囲まれてきた!
▲クリックで記事へ! 妙見山のブナ林に合って来た

北摂里山スナップ!フォトリレー開催中です!

「北摂里山の魅力をもっと多くの方に知って欲しい!」との思いを込め、
北摂里山スナップ!フォトリレーを開催しています。
みなさんが、北摂里山に訪れ感じた魅力を写真を通じて表現してください。

募集内容:北摂里山で撮影された写真を大募集。
応募期間:平成28年4月1日~平成29年1月31日
撮影期間:平成28年1月1日〜平成29年1月31日

対象エリア:阪神北県民局管内(伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町の4市1町)の里山で撮った写真、もしくは阪神北県民局企画のイベントで撮った写真

参加方法:応募者本人か同行者の写真を撮影し、応募フォームから画像データを添付の上、ご応募ください。(来訪したことを特定するため、応募できる写真は応募者本人か同行者が写っている写真に限定します。)

■結果発表
http://snap.hitosato.com/内にて

■賞品
掲載された写真から毎月抽選で2組の方に5千円の商品券をお送りします。

■リレーデスクの設置
里山でのイベント時に特派員を派遣。撮影、投稿のお手伝いをしています。


※投稿された写真はウェブサイト・リーフレット等に掲載されますのでご留意ください。

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------

2016年5月25日水曜日

6月18日(土) 開催 こども北摂里山探検隊「昆陽池公園と昆虫館を探検しよう」 受付開始!

6月18日(土) 開催の こども北摂里山探検隊
正式名? 「雨でも平気!? 伊丹・昆陽池公園と昆虫館で自然の魔法?を目撃しよう!」・・の
受付を開始しました。!


申し込みはウェブフォームからが便利です▶ 案内ページ

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------

2016年5月23日月曜日

5月22日開催 北摂里山大学 第1回フォト速報!

5月22日(日) 三田の人と自然の博物館にて「北摂里山大学」が開講しました!

局長の激励のあいさつから
今年度第5期は40名が入校されました
続いて服部学長のご挨拶
冒頭、意外?な発言が・・・
現役の学生もいて、今年の受講生も多彩な顔ぶれです
最初の講義は県民局環境参事より
北摂里山博物館構想について・・・
新しい取り組みの紹介もありました
服部先生の里山や里山林の基礎の講義に挟まれる形で、
石田先生からは里山とエドヒガンの関係を・・・・
この日は開講日ということで座学中心でしたが
座ってばかりだと例の現象?も起きやすいので
博物館内と外の里山放置林の見学に出かけます
誰か、外で歌っています。
博物館の周りではガラスに映してダンスの練習や
バトンの練習するグループも多いので目立ちませんが・・・
この少女は誰?
講義が終わり、大学のOBが紹介されていました
交流会に出席して受講生にアドバイスしていただきます
交流会会場に例の少女の姿が・・・
発声練習をしているようです
どうしてここに?
もったいブリました (>_<)
実は、彼女こそ北摂里山公式ソング "SATOYAMA" を作詞作曲したマリリン。
この日が初めての披露。その歌声にみんな圧倒されました。
演奏もすばらしかったです。
みんなプロじゃないです。里山でつながった仲間です。

この28日は、さっそく里山をこの目で見るべく、川西の黒川・妙見をハイクします。


----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------

2016年5月15日日曜日

下見してきました!6月4日(土) 開催 こども探検隊「夜の昆虫とホタルを探しに行こう!(有馬富士公園)」

 こども探検隊第2回は「夜の昆虫とホタルを探しに行こう!」と称して
三田の有馬富士公園に出かけます。

さっそく怪獣に遭遇!
な、オブジェで有名なキッピー山のラボが集合場所です
新三田方面から行くと左手に公園の入り口があります。
これはパークセンター
第1駐車場に入れてください。無料です
バーがあるのでご注意を・・・で
正門は夕方5時で閉まるので駐車場にも入れなくなります
5時までに入ってくださいね
夜になれば不気味かなと思ってしまうオブジェもあります
これなんか芸術的なアングルですけどね
日が落ちてきました
5月とはいえ明るい夕方です 晴れ上がっているせいもありますが
有馬富士公園を象徴する風景ですが
こっち方面には行きません
早めに来て遊んでみては
そう、探検隊だからというわけではないのですが
少し怖いところに行きます
流紋岩
ここも注意が必要な場所ですが・・
舞台はここでもありません
そこから入る川道・・・
新三田方面に向かう川沿いの道ですが
このとおり、真っ暗になります
数日前の雨も残るような場所です
空が見える場所以外は漆黒の暗闇です
これはフラッシュをたいています
川に落ちないようにしないと
ホタルを探すので懐中電灯もつけません
月明かりだけで進みます
一人で来たことを後悔するくらい心細いです
風の音や川の音、忍び込んでくる車の音が恐怖をかき立てます
お化けがでてもおかしくない・・・
探検隊史上もっとも探検っぽいミッションかも(怖笑)
帰りですが、第1駐車場のある正門からは出れないので
第2駐車場まで回り込んで行くことになります
公道への出口は左折レーンなのでご注意を
新三田方面しか行けません

夜の寒さもあって震え上がって帰ってきました(T_T)
「みんなで行けば怖くない」んでしょう。

1人や家族で人里離れた夜の公園や林や山に行くのはやめましょう。
(そんな人、いないと思いますが)
探検隊も最新の注意を払って開催いたします。

※参加者の方には開催日の1週間前に案内をお送りします。

----------------------------------------------------------------
最新の里山博物館情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------