2017年6月11日日曜日

6月10日 第2回エコツアー西谷のちまき作りレポ・動画?編



6月10日 第2回エコツアー西谷のちまき作りレポ・・・

えっ?ココでちまき作り?
西谷にこんな風景あった?
いたいた!
みんな双眼鏡持って、
さあ!ちまき作るぞ!
双眼鏡?
???
ん?
ここは先日、訪れた「あいな里山公園」ではないですか
実は「こども北摂里山探検隊」でバードウオッチングやるので
どんな風にやればいいのか朝一、見学に来ていたのでした
なんですが早起きして出かけたものの渋滞に巻き込まれ
ちょっとしか居れず(>_<)
それでも参考になりました
で、そこから急いで西谷にやって来ました。
これはマサに、とある西谷の風景
宝塚の西谷と川西の黒川にだけに伝わる?という
ちまきを今日は作るのです
これが材料?
これを採りにいってるの?
クリックで拡大してみてください

そうです! ちなみに双眼鏡はいりません(笑)
伝説のちまきを作る材料なんてそんな簡単に見つかるのかな?
全部揃うのかな?
でもこれが最初のミッション・・・
あ、これはこども北摂里山探検隊ではなかった(-_-)
ついつい(>_<)
梅雨に入ったものの、いい天気!
ソーラー害獣駆除装置、太陽に背中を押されて?がんばってます
おうちの際に生えている野草はちゃんと了解もらって採ってるんです
見たことあるシルエットのうちわ。
時勢をあらわす?!
材料の野草をゲットしたらお昼です
お弁当が配られました
ちまきはおやつなんですね
これは宝塚のダリアを具材に仕込んだ特製弁当なんだとか
では、ちまき作りを始めましょう!
野草を湯がいていきます
お餅になる部分を捏ねていきます
材料には米粉も使います
お湯の量が難しいかも
もち粉も入ります
野草はさっき外で採ってきたわけですが
流石にそれだけでは間に合わないので、あらかじめ
採ってたものを使います
菖蒲(ショウブ)は使わないけど
下準備もたいへんです
手分けします
ちなみにこの方、捏ねるの上手
ツヤツヤでお餅っぽくなっていってますね
実はこの方、九十うん歳のおばあちゃん
今日の為に来ていただいたのでした
昔はどこの家でも作ってたんだよと
作り方を教えてもらいます
おばあちゃんの教えをもとに
西谷のちまきを再現していきます
これですね
こうやって。。。。
こうするんだ
みんなでやってみよう!
申し遅れました。ここは西谷ふれあい夢プラザに
ある調理室。夢市場が併設されているところです。
西谷の野菜は有名ですよね
こちらも申し遅れました。
ちまきの材料。あ、食べる方じゃなくて捲く方です。
机にはショウブも置いてあったのでおばあちゃんは
ちまきに使われないかと心配だったよう

全国でもめずらしい西谷のちまきの作り方
それではお教えしましょう!
まず、お餅に餡子を入れて・・
違う!違う!(汗)
これはあんこ餅です
今日はあんこ餅や柏餅も作ってるんでした
ちまきをどんな風にして作るのかは別のレポで(>_<)
巻き終わったちまきはたっぷりのお湯の中に入れます
なかなかたいへんです
こちらは蒸し器
今日の最年少さん、頑張ってる!
巻き方には個性がでますね
だんだん手際よくなってきました
緑が綺麗ですね
これぞ西谷のちまき
こうやって
こうやって
こっちでは蒸して
蒸して
どんどん
どんどん
できてくぞ
お餅には砂糖を入れません
もともとは保存食。日持ちさせるには砂糖は禁物。
今日はきな粉に付けて食べてみます。
ナラガシワをお皿がわりに使います。
そう昔はナラガシワはお皿としても使われていたのです。
こうやって付けて食べました。。
あ、もう食べれるんですね!
食べていいんだ
「2度づけ禁止!」とスプーンが置かれました(笑)
そう、食べながら西谷のちまきのこと聞きました
おばあちゃんに教わったことです
デザートはコレ?
西谷のちまき作りレポ。動画的にご紹介してきました。
中身(?)のあるレポも上がる予定です(>_<)

----------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
----------------------------------------------------------------