2017年9月29日金曜日

関西広域連合エキスカーションで黒川ガイド後編

食レポ・・・?に続き後編です!
お腹いっぱいで午後の出発
この色、秋ですね

能勢の銀寄に来ました
栽培者の方にお話を聞きます
それにしても見事な栗ですね
和菓子の材料の栗を確保するために
始められたそうです
まさに里山なのですが
隣接地との景色の違いにおどろかされます
クヌギ林もある!
この地域でも炭を焼いていたのでしょうか
じゃーん
普通の10倍?はありそうな実です
黒川に戻ってきました
川西里山クラブの辻本さんの案内で
妙見の森へ
辻本さんごめんなさい
今日のメインはこの上です
リフトに乗って
能勢妙見山へ
ブナ林を目指します
兵庫最南端のブナ群生林です
西南日本で最南端でした・・(汗)
案内してくださるのはブナ守の会の植田さん
妙見山のお坊さんです
(そういう紹介でよかったのか)
絵になりますね
普段は入れないところに案内していただけます
ここはその手前にある実験植林地
今年は実を調べてみるそうです
いろいろお聞きしましたが、端折ります(>_<)
記念撮影!
天空!
別世界ですね
別世界というえばこのシルエットも
バスは上まで迎えに来ています
能勢が萌えています。。。
充実した日でした
私のせいで予定オーバー(>_<)
ちなみに遠くから来られた人は無事家まで帰れたのでしょうか・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------------

関西広域連合エキスカーションで黒川ガイド前編

9月24日(日) 前日のフォーラムを受けて関西広域連合のエキスカーションが
行われました。

新大阪からマイクロバスで一庫公園へ
ここに来るにはバスが通れないもんでマイクロバスです
ネイチャーセンターにある菊炭展示場です
この地域でつくられている菊炭について
引率の人博の橋本先生からお話を聞きます
ここには炭窯もあります
菊炭生産者の今西さんの監修でつくられた炭窯です
その今西さん宅前から黒川の山を眺めます
残念ながらこの日は今西さんの窯には行けませんでした
炭窯跡と炭の材料になるクヌギを見に行きました
ちょっと寄り道をしました
保全団体として菊炭をつくられている(黒川菊炭友の会)
の黒川・桜の森と野間の大けやきです
お昼にしましょう
能勢で古民家と田んぼ畑を借りて(買って?)
料理を提供されているところです
秋の景色ですね
彼岸花も
駐車場からは少し歩きます
ここで採れた無農薬野菜を使った惣菜とピザが
今日のお昼です(自腹です)
大皿に盛られた惣菜
横ではピザが焼かれています
ついつい食い意地が(>_<)
食レポのようですね
後半に続く!
「前日のフォーラム」とは、選定された自然エリア16「北摂・南丹」を対象とした団体の活動発表やディスカッションのことで
兵庫県立人と自然の博物館の主任研究員橋本佳延氏の基調講演のほか、地元3団体等による活動内容の発表と今後の自然エリアの保全・活用についてパネルディスカッションが行われたのでした。

主催:関西広域連合 【テーマ】関西の活かしたい自然エリアの保全・活用
日時:2017年9月23日(土) 13:30~16:45 (開場13:00)
会場:川西市みつなかホール 参加費:無料

-------------------------------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------------

第5回北摂里山大学は有馬富士公園で植生調査、その日は・・・

9月23日(土)有馬富士公園にある学習林で植生調査です。
この日は「さんだ秋の観光と味覚まつり」の日。

前日はそう雨だったのです。
もの悲しいテント
今日は晴れることはわかってたのですが
山の天気は移ろいますよね
イベント会場のそばで座学が始まりました
服部学長、ひょうご環境創造協会の栃本さん
里と水辺研究所の田村さん、南山さんが講師です
ここで植生調査の方法を教えてもらいます
巻き尺が出てきました
広い部屋に変更して正解でしたね
服部学長、自らのご指導です
黄色いジャンパーは緑の環境クラブの皆さん
補助についてくださいます
それでは現場に行きましょう!
有馬富士公園にある里山大学の学習林へ
3班に分かれてまずは調査地を選びます
京都府大の学生さんも参加されました
さっき部屋で教えてもらった方法で調査地を
囲っていきます
杭を打ち込んで・・・
10m四方を決めます
これ以外と難しいんです
実際には2人でやることも多いとか
木の高さを測ります
先生が持っているのは飛び道具
レーザー測量機です
なかなかそんなものないので
棒で計ります
そうは言ってもこの高さを測る棒も
けっこう高いのですが
調査表に書き込んでいきます
枠内にある花や木の名前を書き込んでいきます
葉っぱの繁り、幹の太さも
おっと、このシール持ってくるのわすれました
後日貼りますね
お昼です
近くのかやぶき民家でお弁当を広げました
午後からは植生管理
間伐の仕方を学びます
座学場所ではこんな風に
イベントの真っ最中
なんといっても味覚まつり
授業優先 残念です
イベントが終わった頃に帰ってきました(T_T)
ここで保全活動をされている緑の環境クラブの
北田代表にお話を聞きました
初めての実習は少しハードでした。最後までご指導いただいた先生方
緑の環境クラブの皆様ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------
最新の里山情報をカジュアルにお届けする
フライングゲットブログ
http://hitosato.blogspot.jp/ HPは http://hitosato.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------------